働く環境

働く環境

CCBJBSのダイバーシティ

コカ・コーラ ボトラーズジャパンビジネスサービス株式会社(CCBJBS)では、各部門の従業員構成や拠点環境に合わせたダイバーシティ施策を推進するために、本社などオフィス勤務が中心で女性社員比率が高いサービス/企画部門と、各都府県に拠点があり男性比率が高い機材管理部門で、それぞれダイバーシティチームを構成して推進活動に取り組んでいます。安心して働ける職場環境、一人ひとりがお互いを尊重しあえる環境をつくるためには、各部門で優先すべき取り組みは異なります。各部門の多様性をもった二つのチームは、共通のビジョンを持って協働しながら活動しています。

CCBJBSのダイバーシティでは特に「女性活躍」「キャリア開発」に重点をおき、座談会や女性管理職向けワークショップ、各種研修プログラム、キャリア形成トークセッションなどのイベントを通して、より良い組織風土/環境づくりを推進しています。

CCBJBSのダイバーシティ

キャリア開発

CCBJBSではキャリア開発のビジョンとして「グローバルのベストプラクティスを導入、多角的な学習アプローチを活用し、シェアードサービス業界でのワールドクラスな人財を育成する」を掲げ、それに基づいて研修やトレーニングを開発しています。
CCBJBSの人財戦略の推進力となるのはCCBJBSのミッション・ビジョンの実現です。キャリア開発はその中でも重要な柱の一つです。
「変革的なリーダーの育成」「デジタル/テクノロジーの活用促進」「エンドツーエンドプロセス(プロセスの最初から最後まで)の理解と活用」を主要施策とし、オンライントレーニングやコーチング、e-ラーニング等を活用してさまざまな学習の機会を提供しています。

キャリア開発

新しい働き方

CCBJBSはコカ・コーラ ボトラーズジャパングループの一員として、新たな日常(New Normal)に対応した働き方を推進しています。
在宅勤務が可能な社員は原則在宅勤務を継続し、またフィールドで働く社員は直行直帰が推奨されています。コアタイムの存在しないスーパーフレックス制度や育児のための有給休暇取得推奨、ベビーシッターのサポート等、社員ひとりひとりのライフスタイルに合わせた働き方も可能です。
また新たなテクノロジーを導入して、働き方を改善しています。例えばCCBJBSの事業の一つであるカスタマーコンタクトセンター業務は、システムや情報保護、エスカレーション対応の観点から、これまで在宅勤務が難しいと思われていました。しかしながらCCBJBSではクラウドサービスをいち早く導入し、在宅でのコンタクトセンター業務を可能にしました。
さらに音声認識AIを使ったRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用して留守番電話の音声を文字化するなど、デジタルテクノロジーを活用した業務効率化も推進しています。

新しい働き方